【XMindの使い方】マップ選択、作成

マインドマップをこれから始めてみたい!という方に向け、世界的に有名な「XMind」の使い方を説明します。
この記事ではマップの新規作成~基本的な使い方までの説明です。


XMindとは?

必要のない方はスキップ

XMindとは、マインドマップを作成するためのツールの一つです。多機能かつシンプルな操作性を兼ね備えており、人気のツールとなっています。

XMindの特徴
  • 無料版がある
  • 無料版で十分なほど機能が充実している
  • インターフェイスがシンプルで分かりやすい
  • Evernoteと共有が出来る

  • マインドマップの作成方法

    マップの新規作成

    XMindを起動し、左上の「メニュー」→「新規」をクリックします。

    マップの選択

    「空(から)」の状態から始める場合は以下のマップの中から作りたい形のマップを選択します。

    👈クリック XMindが用意しているテンプレートを使用したい場合

    以下の中から自分に合ったテンプレートを選ぶことが出来ます。

    ※マインドマップに慣れるまでは「空(から)」から始めた方がいいです。


    テーマの選択

    次にテーマを選択します。

    「色」と「オブジェクトの形」が違うだけなのでどれを選択しても機能は変わりません。

    自分好みのテーマを選びます。


    マインドマップの作り方

    トピック名を決める

    マインドマップの始まりとなるトピック名を記入します。

    「右クリック→挿入→ファイルから」で画像を入れることが出来ます。

    画像を入れることにより、何について書いているのか分かりやすくなります。


    階層を作成

    マインドマップは、

    「Enter」 → 同階層を作成
    「Tab」  → 下階層を作成

    の二つの操作でマップを作っていきます。

    「Enter」キーで作れるマップ

    「Tab」キーで作れるマップ

    これが作成~基本的な使用方法になります。


    まとめ

    マインドマップは使い慣れると非常に便利です。

    ・アイディア出し
    ・思考整理
    ・情報整理

    など様々な用途で使用できます。

    他の記事で「マインドマップの種類」や「マインドマップを使うタイミング」などもまとめていますので是非ご閲覧ください!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です