【初心者向け】投資の全9種類!あなたは理解していますか?

困るくん

2019年に話題になった老後問題から危機感を覚えているんだけど、資産運用とか投資とかよくわからないんだ。。

なるほど。まずは第1回目として投資の種類とメリットデメリットを教えるね

らふ

投資が複数あって分からない。という方に向けた種類とリスクをご紹介します。

大前提

投資の種類


投資には大きく8種類の商品があります。

投資対象特徴
普通預金個人が銀行にお金を預け入れること。金額に応じた利息をもらう。
債権国債:国が発行する借用証書のこと。
社債:企業が発行する借用証書のこと。
株式株式会社の株の持ち分を表した証書。企業の状況によって価格が変動する
投資信託ファンドが投資家から資金を集め、専門家が運用する
不動産アパート、マンション、土地、駐車場などの現物投資。
FX(為替証拠金取引)証拠金を担保にレバレッジをかけた外国為替取引
アート投資絵画などのアート作品で資産の保管、価値の高騰を狙う
貴金属金(ゴールド)などの希少金属への投資
暗号資産(仮想通貨)ブロックチェーン技術を基盤とした新しい通貨への投資

この中から自分がやりたいものを選択しお金を運用していきます。

しかし、投資には一定のリスクが潜んでいます。


リスク、リターン


リスクとリターンを表現すると以下の図のようになります。

リスクが低いものはリターンが低く、逆にリスクが高いものはリターンも高くなっていくのが自然です。


どれを選択するべき?

一獲千金を狙いたいなら高リスク

すぐにでもお金持ちになりたい!

ということであれば、高リスクの投資を選択してください。

しかし、一瞬にして財産を失う可能性もありますので、投資未経験のまま飛び込むことはお勧めしません。


少しずつでも資産を増やしていきたいなら中リスク

数十年後に数倍になっていればいいかな。

ということであれば、投資信託や債券などの中リスクを選択してください。

爆発的に増える可能性は低いですが、爆発的に財産を失う可能性も低いです。


リスクをなるべく負いたくないなら低リスク

投資とか興味ないしリスクも負いたくない。

ということであれば、普通預金で十分です。

しかし、為替リスクや銀行の倒産など無リスクではないことを覚えておきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です