ケチになると人生を損する

らふです。

「節約」と「ケチ」の違いについて私の考えを説明します。

どちらも同じように「お金を使わない」と捉えがちですが、明確な違いがあります。

「節約」と「ケチ」の違い

私は以下のように定義しています。

【節約】
人に不快感や迷惑をかけず、自分の出来る範囲でお金を使わないこと。

【ケチ】
他人の迷惑は関係ナシに、とにかく自分のお金を使わないこと。

他人を思いやれるか、そうではないかということです。

具体的な行動で考えた場合の違いは以下です。

「節約」は、

・食費を1日1500円から1000円にする。
・洋服を少し安めのものにする。
・シャワーの時間を少し短めにして水道代を減らす

などと、自分の生活の範囲内でなるべくお金を使わない方法を取ります。

逆に「ケチ」の場合は、

・飲み会でお会計前に自分だけこっそり帰宅する。
・借りた1000円を忘れる、ごまかす。
・自ら誘ったにも関わらず相手にご飯をおごらせる。

など、とにかく自分の利益を優先します。

ここまででなんとなく想像がつくと思いますが、

「ケチ」の人と一緒に居たくはありませんよね(;^_^A

お金は信用の裏返し

何でもかんでもお金を出すことから逃げている人は信用できません。

信用が無ければいくらお金を使わない努力をしても、増えることはありません。

会社で考えた場合も「成果を出して会社に貢献してくれると信用している」からこそ給料を上げてくれます。

目の前の数百円、数千円で信用を失わないように気を付けてください。

節約したお金は人の為に使う。

そして、節約したお金は他人の為に使うことをお勧めします。

人は何かを与えてもらったら、それ以上のものを返したくなります。

例えば、友達から誕生日プレゼントをもらったらうれしいですよね。

友達の誕生日にはそれ以上のものをプレゼントしたくなると思います。

・親、友達にプレゼントをする
・助けになっている先輩や友達へご飯をごちそうする。
・世界の貧困に苦しむ子供のために寄付をする

このような些細なことが巡り巡って自分の所に返ってきます。

・無駄なことにはお金を使わない。(節約をする)
・余ったお金は人のため、未来のために使う。(ケチにならない)

これを意識するだけで人生がだいぶ変わってくると思います!

本日は以上です。
ここまで読んでいただきありがとうございました!(^^)!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です