貯金額ではなく純資産額を把握する

らふです。

10年ぶりに同窓会します。

お金の状況を把握する際に「銀行預金と財布」だけに着目しがちですが、「純資産」も把握することをお勧めしています。

※純資産とは「貯金、財布の中、家、車、ゲーム機、宝石、仮想通貨、借金」などお金に換算できる全ての物を総合したもの。

その計算方法を簡潔に記載します!

資産を把握する

例えば、以下のようなご家庭の場合を考えてみます。

  • 銀行貯金が300万円
  • 財布に5万円入っている
  • 家は借り家、家賃10万
  • 200万で購入したマイカーを所持
  • 3万円で購入したPS4を1台所有している

この場合に資産対象となるものは、

  •  ①貯金の300万 : 資産
  •  ②財布の5万   : 資産
  •  ③借り家     : 資産ではない
  •  ④マイカー    : 資産
  •  ⑤PS4     : 資産

と区分けが出来ます。

※③は自分のものではないので資産には計上しません。

この資産を全てお金に変換すると、

①300万 + ②5万 + ④200万 + ⑤3万 = 508万

という金額になります。

これが資産額、、、、と言いたい所ですが、

これだけでは少し考慮が足りません。

④と⑤は購入価格を購入時の金額で計算してはいけません。

200万円で購入した車が200万円で売れることはありませんので、実際の売却価格(想定でいい)で計算をします。

200万で購入した車を売却する場合は大体40万円程度、

PS4であれば5000円~1万円程度になるかと思います。

①300万 + ②5万 + ④40万 + ⑤1万 = 346万

の346万円が資産の合計金額となります。

負債も把握する

正確に資産状況を把握するには負債も含めなければなりません。

1億円の資産を持っていようが1億円の借金があったらプラマイゼロです。

なので、負債も加味します。

例えば、

  • 奨学金の未返済分が100万円
  • 車のローンが120万円残っている
  • 友達に5万円貸している
  • クレジットカードの支払いが10万円残っている

という場合は、

合計で235万円の負債を持っていることになります。

これを把握する方法がバランスシート

これらを一目でわかるようにバランスシート(貸借対照表)という記載方法があります。主に企業等で使われますが個人でも同じように記載できます。

上記をまとめると以下の表になります。

f:id:ktmn1018:20190930164025p:plain

資産と負債を合計した金額が「純資産」になります。

ここがマイナスの場合は極論「借金しか持っていない」ということになります。

プラスであっても多額の負債がある場合は注意が必要です。

試しでもいいので作ってみると、予想外の発見があるかもしれません!

ここまで読んでいただき有難うございました(*´▽`*)

fortunepocket.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です