カードローンの危険性

数年前からカードローンという誰でも気軽に借りられる即日ローンが流行っています。

CMでも「ア〇フル、プ〇ミス、レ〇ク」などよく見るようになりました。

今までのローンと比べると便利なので人気を博しています。

ただ問題なのは、

どれだけ危険なのか理解しないまま借りて破産する人が急増していることです。

無計画な借り入れがどれほど危険なのか実際に計算してみます。


支払額、支払期間を計算

※カードローン会社によって金利が違うため「5%、10%、15%、18%」で借り入れた場合の比較をします。

例えば、

  • 借入総額50万円
  • 毎月1万円返済

という計画で借り入れたとします。

返済額を計算してみると、

f:id:ktmn1018:20190922194212p:plain

最低でも5年近くも返済が続くことになります。

しかも年利18%だと借り入れの倍額に近いお金を返済しなければなりません。

※参考(月々の残高推移)

f:id:ktmn1018:20190922194225p:plain

月々の返済額を増やして計算

月々の返済額を1万円から2万円に増やしてみます。

  • 借入総額50万円
  • 毎月2万円返済
f:id:ktmn1018:20190922192756p:plain

劇的に支払額と期間が減りますね。

さらに月々の返済額を3万円に増やしてみます。

  • 借入総額50万円
  • 毎月万円返済
f:id:ktmn1018:20190922193015p:plain

支払期間にはほとんど差がありません。

支払総額もかなり差はなくなっていますが、それでも8万円近くの利息を払わなければなりません。


ご利用は計画的に!

よくCMでも言われている、

(o’∀’o)ノ ご利用は計画的に!

とは、このように月々の返済額、合計の返済額、期間を考えて返済計画を立てましょう。ということです。

安易に借りて、更に生活が苦しくならないように気を付ける心がけが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です