【忘れがち】稼ぐ、貯金する以外のお金のこと

らふです。

お金の本というとどういうものをイメージしますでしょうか?

本屋のお金コーナーに行ってもほぼほぼ、

「大金を稼ぐ方法」か「賢い貯金をする方法」のどちらかしか目にしません。

お金を増やすとなると何かとこの二つのみに考えが及びがちだと思います。

しかし、お金に関して忘れてはもう一つあります。

それは「資産を守る」という考え方です。

資産を守るとは?

お金持ちが金(ゴールド)や絵画、骨董品を買うのは何故だと思いますか?

(・∀・∩ 節税対策!

(・∀・∩ お金持ちの贅沢!

間違ってはいませんが、もう一つ大事な答えがあります。

それは「資産として保有する」という考えです。

少し前に元ZOZOの前澤さんが124億円の絵画を購入し一躍話題になりました。

前澤さんはアート作品が好きと公言しているので //好きだから購入した// という理由もあると思いますが、資産保有という理由もあるのではないかと自分は考えています。

有名どころのアート作品の場合は世界中の富豪達が欲しがっています。

特に絵画は、欲しいと思う人がいる限り価値が劇的に下がるということは中々ありませんし、場合によっては購入時以上の価値が付くこともあります。

124億で購入したら124億前後で売れるので、同額に近いお金に戻すことが出来るということです。

たとえ日本が大幅なインフレに襲われて日本円の価値が下落したとしても、絵画は世界中に買い手がいるので、

日本円で持っている場合:124億円 → 62億円

絵画を持っている場合 :124億円 → 124億円に近い価値

と、ちょっと極端ではありますが上記の様に資産を守れる可能性があるからです。

絵画なんて買えない

確かに私のような一般庶民が絵画を買おうと思っても手が出るものではありません。

しかし、資産を守る方法は金(ゴールド)や絵画だけではありません。

代表的なのは、

海外口座へ送金、米国債の購入、ビットコインの購入

です。

※自分はビットコインが好きなので毎月積み立て購入しています。

日本が直近で経済破綻するようなことはないとは思いますが、激動の世の中なのでいつ何が起きるか分かりません。

国だけに頼らず自ら資産を守るという考え方を持つことをお勧めします。

読んでいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です