現金での支払いは損

らふです。

タイトルの通りですが、私は現金での支払いは損しかないと考えています。

順に説明していきます。

なにが損なのか?

一般的な男性の一人暮らしだと月に25万円くらいの支出をしていると思います。

これを現金で払うと、25万円をただ使うだけです。

しかし、ご存知の方も多いと思いますが、クレジットカードなどを使えば「使用額の1%を還元」などのポイント還元がついています。

最近では家賃も水道光熱費もクレジットカードで払えるところも増えてきました。

もし、それを全て「ポイント還元率1%のクレジットカード」で支払うとしたら、



ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
25万 × 1% = 2500円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1ヵ月で2500円のポイントが付くことになります。

年で換算すると、



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2500円 × 12ヵ月 = 3万円
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

3万円相当の金額になります。

ただただ、現金をクレジットカードに変えただけで年間で3万円相当のポイントを使用することが出来るということです。

最近では、モバイル決済も普及し始めました。

各社が顧客獲得の為に様々なキャンペーンを行っています。

「周りに合わせたくない。モバイル決済は使いにくい!不要だ!」などと考えている方も多いと思いますが、意地を張ったところで得をすることは無いと思いますので、積極的に使っていくべきだと思います。

懸念点はある

気を付けなければならないことは、

使いすぎてしまう

ことです。

現金であれば、手元にお金があるのでいくら残っているのか一目でわかります。

しかしクレジットカードの場合は、月1回の明細書か、専用のWebサイトで確認をする以外方法がありません。

気づいたら何万円も多く使っていた。なんてこともよく耳にします。

そうなってしまうと、還元額よりも使用額の方が大きくなってしまい支出が増えることになってしまいます。

これでは意味がありません。

結論

私の結論としては、

お金を管理できる人はクレジットカードをバンバン使う

お金を管理できない人はまず自分の支出を把握してみる

という感じでしょうか。

読んで頂きありがとうございました _(:3」∠)_

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です